用賀の歯医者さんは長岡歯科へ|インプラント(CT完備)、咬み合わせ、歯周病、レーザー治療等

用賀の歯医者さんは長岡歯科へ

インプラントガイド
携帯サイトはこちらからどうぞ
トピックス一覧はこちらからどうぞ
患者様の声
病院まちねっと
インスタグラム

被せ物について

虫歯の治療等では削った歯に被せ物や詰め物をして全体を調整しますが、これらには様々な種類があります。保険内のものから自費診療のものまで、多種多様です。また、患者様の体質や周囲の歯との兼ね合い等も考え選択する必要があります。ここでは、被せ物・詰め物の種類についてご紹介していきますので、それぞれの違いについて理解いただければと思います。

被せ物・詰め物

保険治療では治療時に使用する材料に制限があり、天然歯に近い審美性を得る事が困難な場合があります。審美歯科は品質の高い材料を用いることにより、その欠点を補い高い満足を得る事ができます。

被せ物全体がセラミックでできているもので、とても透明感が高く、色調もきれいで、天然の歯が持つ自然な透明感をそのまま再現します。角度を変えない前歯に最適です。金属をまったく使用しないため、金属アレルギーの患者さんにもお勧めです。また、薄く小さく馴染みやすいので違和感がなく、発音なども比較的滑らかにすることができます。人口歯には個性に合ったものを使用するので若々しい口元が得られます。また、汚れがつきにくく、気になる入れ歯特有の臭いが少なく衛生的です。

■製作費用
インレー(つめもの) \54,000(税込)
クラウン(かぶせもの) ¥129,600(税込)
金属をまったく使用しないでセラミックだけで出来た物で、見た目も一番自然の歯に近く、歯先に透明感があり、変色もしないため自然な色あいと形を再現できます。そしてセラミックのみの使用なので歯と歯茎の間が黒ずむこともありません。金属アレルギーの方にもアレルギーを心配なく使用していただけます。

■製作費用
129,600円(税込)~

高い強度と均一性を持った審美性の高い素材です。また、光透過性が高く天然歯のような歯を再現できます。

■製作費用
118,800円(税込)~

人工ダイヤモンドとして知られるキュービックジルコニアとほぼ同じ成分でできており、強度と美しさを兼ね備えております。金属よりも硬くかつしなやかさがあるため、曲げる力にも強い極めて破損しにくい素材で、人体に対する安全性(生体親和性)も高いという特長があります。

■製作費用
140,400円(税込)~

正面から見て左がセラミックを使ったもの、右が保険のプラスティック(レジン)を使ったものです。光の透過性の違いがお分かりになりますか?金属の上にセラミックを焼き付けた物で強度に優れているためブリッジにも使用できます。

また、保険のものとは違い、磨り減らず変色もない上、歯の多様な色を作り出すことも出来るため審美性にも優れており、表面がセラミックのため、抗菌作用があり、細菌を寄せ付けにくいので歯が長持ちします。


陶材焼付け前装冠ともいい、金属の表面に一層の陶材を焼き付けた補綴物です。 近年オールセラミックが支流となりつつありますが、ブリッジなどはまだ強度的な問題が多少ありますので耐久性にすぐれたメタルボンドをお勧めします。金属を使うため歯肉、歯顎部の付近に暗い影(ブラックマージン)を作ってしまいやすいですが、マージン部をポーセレン(カラーレス)で行えば、暗い影を作ることもなく、歯肉との調和性も非常に良くなります。


■製作費用
クラウン(かぶせもの) ¥108,000(税込)

セラミックではちょっと高い?でも白い歯を入れたい!と思う方に最適な材料がハイブリッド・セラミックです。セラミックとレジン(プラスティック)を混ぜて使用することにより、劣化や変色があるということが欠点です。

しかし強度が気になるという方はメタルボンドのように白い部分にハイブリッド・セラミックを用い、内面を金属にするというやり方もできます。オールセラミック・メタルボンド・ハイブリッドセラミックはさし歯にすることにより多少の歯並びは改善できますので矯正を考えておられる方は一度ご相談下さい。

■製作費用
インレー(つめもの) ¥32,400(税込)

金合金を使用することによって金銀パラジウム合金より、金属アレルギーが起こりにくく、腐食がなく、また強度も天然歯に近いため長い間安心してご使用になれます。
また、金属特有の展性・延性をもつため、噛み合う歯とも馴染みやすく、傷めたりすることがありません。

■製作費用
インレー(つめもの)¥43,200(税込)
クラウン(かぶせもの)¥86,400(税込)

ゴールドの特性を持ちつつ、さらにプラチナなどを加えることによって、より口腔内に適した最も理想的な歯科用金属です。また、銀色と金色の中間色なので、金色に抵抗を感じられる方にもお勧めです。

■製作費用
インレー(つめもの)¥48,600(税込)、クラウン(かぶせもの)¥97,200(税込)

主に保険の補綴物のことです。金属特有の展性・延性によって歯に馴染みやすいのが特徴ですが、数年経つと黒ずみや、劣化を伴います。また、金属アレルギーの方などにはお勧めできません。

コア

歯冠部が大きく欠如している場合、土台(コア)が必要となります。虫歯になった歯や、歯冠部を失ってしまった歯の根部の補強をする補綴物のことです。歯髄(神経)を失った歯は栄養が行き届かないため歯質は脆くなってしまいます。

そこで歯の根部にコアと呼ばれる土台を入れ、補強した上でかぶせものをします。また根の治療などによって、神経がなくなると歯髄腔(神経が通る穴)は空洞になります。そこにまた細菌などの感染が起こらないように樹脂とコアで密閉することによって、二次感染を防ぐという効果も担っています。コアには保険診療から自由診療までさまざまな種類のものがあります。

土台(コア)の金属を金にすることにより、体への親和性を良くし、金属イオンの流出を最小限に抑えた土台です。金は特有の性質上、金属アレルギーを起こしにくく、体に優しい金属です。また、後述のファイバーコアに引けを取らない弾力を持ちますので、長い間安心してお使いいただけるものです。


■製作費用
前歯・小臼歯:¥32,400(税込)
大臼歯:¥43,200(税込)

金属イオンの流出によって歯肉が黒ずんで見えるというデメリットを解決したのがファイバーコアです。ファイバーコアは特有の弾性を持ち、歯根部への負担を極限まで抑えた素材です。また、金属を全く使用しないので、金属イオンの流出もない上にアレルギーの方にも安心してお使いいただけます。生体的にも審美的にも最も良い素材だと考えられています。

■製作費用
16,200(税込)

強度的には問題ありませんが、長期の使用による金属イオンの流出と水分による腐食(さび)があります。歯根部の表面と内面に通じる象牙細管を入ってくる水分によって金属が少しずつ錆びてしまうのと、金属イオンが染み出すことによって黒ずんでしまい、前歯などに使用すると歯肉が黒く見えてしまいます。