<24時間ネット予約>用賀の歯医者さんは長岡歯科へ|インプラント(CT完備)、咬み合わせ、歯周病、レーザー治療等

虫歯治療CARIES TREATMENT

一生自分の歯で
噛んでもらうために

当院は、一生のお付き合いが出来る歯科医院を目指し、お一人お一人の患者さんに合った治療を大切に考え、できるだけ長い間、ご自分の歯で食事を楽しんでいただくためにベストな治療法をご提案させていただきます。

症状によって、治療方法が異なりますTREATMENT

虫歯の進行 FLOW

  1. 自然治癒する可能性のある虫歯です。
    無理に削って治すのではなく、フッ素などの予防措置によって改善を促進することができます。効果的なブラッシングの仕方やフロス(糸ようじ)、歯間ブラシなどにより、進行を食い止めることができます。進行する可能性もあるので、定期的なメンテナンスの際に、経過を観察することが必要です。

  2. ごく浅い虫歯です。
    審美的・機能的に問題がなければ、経過観察になることが多いです。ただし、ブラッシングにより、歯垢の除去が難しくなる場合や見た目に問題が生じる場合、食べ物が詰まりやすくなってしまう場合などには治療が必要です。経過観察になったとしても、欠けが大きくなったり、虫歯が進行してしまった時には治療が必要となります。

  3. 歯の内側まで到達した虫歯です。
    進行のリスクが高く、早めの治療が必要です。放置すると、進行してしまいます。大きくなると冷たいものが沁みたり食事の時に痛んだりします。歯が黒く見えるようになり、審美的にも問題になります。1度で詰めて治せる場合と、虫歯の範囲が広く、型取りが必要になる場合があります。

  4. 神経まで到達した虫歯です。
    神経を取る処置を行うことで、歯を残すことができます。温度変化に伴って痛みが変化します。何もしなくてもズキズキと痛いことが多く、放置すると虫歯が急速に拡大し、抜歯が必要になる可能性が高まります。根の治療は時間も回数もかかりますが、途中で中断すると症状が悪化することもあるため、被せ物が入るまではきちんと通ってください。 詳しくはこちら

  5. 末期の虫歯です。
    歯のほとんどが虫歯になっているので、抜く必要があります。ここまで虫歯が進行してしまうと、残しておいても役に立たないどころか、歯周病や骨の中に膿を作る原因になり、身体全体に悪影響を及ぼします。全身状態により、抜歯ができない場合は、虫歯の部分をできる限り除去し、可能な詰め物をして上に入れ歯を装着する場合もあります。

削るのは最小限

MI治療
虫歯の患部だけを取り除き、詰めて治す治療法です。MIとはMinimal Intervationの略で、直訳すると最小の介入(=治療)となります。通常の治療では、虫歯で空いた穴を詰めやすくするために健康な部分の歯も削る必要があります。削る量を最小限にするためには、高い技術力が要求されるため、当院では専用の器具や拡大鏡(ルーペ)を用いて治療を行っています。

ドックベストセメント

ドックベストセメントは、アメリカで公的機関の厳しい検査・認可を受けて開発された銅を主成分としため詰め物(セメント)です。従来の虫歯治療は虫歯をドリルで削り取っていましたが、ドックベストセメントは銅の殺菌力で虫歯を治します。歯を削る量を少なくできる(削らない治療)、歯の神経を残せる、痛みが少ない、治療回数が少ないなどの利点があります。削る量を少なくすることが結果として歯の生存率を上げることがわかっています。 歯が残ってれば、しっかり咬んで、いつまでも美味しい食事を取り、心身ともに健康でいられるのです。

また、このドックベストセメントは抗菌剤ではないので薬効低下はなく半永久的な薬効があります。お薬といっても抗生物質とは違い、人間の血液中に含まれる銅イオンを主成分とした様々な ミネラルから作られているため、安全で人体に優しいお薬です。ちなみにアレルギー検査では歯科で用いられるセメント等の薬剤の中でもっともアレルギーが少ないというデータが出ています。お子さんからご高齢の方まで安心して使えるお薬です。

ドッグベストセメントの特徴Feature

  • 削る量を最小限にし、
    神経を守る
  • エナメル質に穴が空いて象牙質まで到達してしまうと虫歯の進行が早くなってしまいます。
    その部分 を削ると歯自体が弱くなってしまい、神経を取らな いといけなくなることもあります。
    削る量を最小限にし、神経を守れるので結果的に歯が長持ちします。

  • 安心・優しい
  • 血液中にも含まれる銅イオンを主成分とした様々なミネラルから作られています。また、歯科で用いられるセメント等の薬剤の中で最もアレルギーが少ないというデータが出されています。お子さんからご高齢の方まで安心して使えるお薬です。

  • 再発予防
  • 虫歯菌を殺菌する成分を半永久的に出し続けます。また、様々なミネラルが虫歯菌の酸によって軟らかくなった歯を硬くしてくれます。

  • 効果が長持ち
  • 抗生物質ではないため、薬剤耐性菌を作る心配がなく、作用が弱くなることがありません。

痛みの少ない治療を心掛けます

表面麻酔Anesthesia

歯医者の中で麻酔が一番嫌いと言う方もいらっしゃるほど、局所麻酔(注射の麻酔)は患者様にとって嫌なものです。当院では局所麻酔の痛みを軽減するために、表面麻酔という歯茎に塗って痛みを和らげるお薬を使用しています。

電動麻酔器Electric anesthesia machine

局所麻酔の痛みの原因は針を刺す時の痛みだけではありません。
お薬を歯茎に注入する速度が速すぎたり、圧力がかかりすぎると痛みを感じることがあります。当院ではその速度と圧力をコンピュータ制御できる電動麻酔器を導入し、痛みの軽減に努めています。

根の治療(根管治療) ROOT CANAL

大きく進行してしまった
虫歯Anesthesia

虫歯が大きく進行してしまった歯は、感染してしまった歯の中身を全て綺麗に取り除く必要があります。根の治療は患者様にとっても大変な治療です。長くお口を開けていただかなくてはならず、治療の中でも特に緻密な技術が必要とされます。しかし、きちんと行えば、根の部分を再利用し、きちんと歯を入れることができます

根気強く。できるだけ長く保ってくれるようにElectric anesthesia machine

根の治療は、詰めて治すような虫歯の治療と違い、特別な変化もなく、必要かどうかも分からないような処置と見られがちです。特に、強烈な痛みを伴う神経症状が改善されると、「治った」と思って、通院が途絶えてしまう方もいらっしゃいます。しかし、治療を中断されてしまうと、根の中で虫歯がさらに大きく進行し、更なる痛みを引き起こすばかりか、結果的に抜歯に至るケースもあります。大変な治療ですが、根気強く通っていただき、最終的な歯が入るまでは、しっかりと治療にいらしてください。

難しい症例では歯科用CTを活用していますElectric anesthesia machine

インプラント治療などで利用する歯科用CTを根の治療に応用することもあります。3次元的に神経の走行を捉えることで、より緊密な治療を行うことが可能です。被爆量を気にされる方もいらっしゃると思いますが、当院では、被爆量を最小限に抑えるため、デジタルレントゲンを導入しています。
詳しくはこちら