用賀の歯医者さんは長岡歯科へ|インプラント(CT完備)、咬み合わせ、歯周病、レーザー治療等

用賀の歯医者さんは長岡歯科へ

インプラントガイド
携帯サイトはこちらからどうぞ
トピックス一覧はこちらからどうぞ
患者様の声
病院まちねっと
インスタグラム

レーザー治療

レ―ザ―とは、簡単に言うと非常に高いエネルギ―を持った人工の光のことです。これには、殺菌・消毒・止血・鎮痛・消炎などの効果があります。そのためレーザー治療機の使用により、痛みや出血を抑え、比較的短時間で治療を行うことができます。また、口腔内及び人体に対する安全性は十分立証されており、妊婦の方やペースメーカーの方でもご安心して治療を受けて頂けます。

当院ではレーザーと一緒に水のスプレーが噴射される「ライトタッチレーザー」やエネルギー密度の高いレーザーを照射する「炭酸ガス(CO2)レーザー」を使用しています。

レーザーを利用した治療法

レーザー治療は初期虫歯の治療、歯質の強化、歯周炎治療、歯ぐきのメラニン色素の除去、歯肉や粘膜の切開、口内炎治療等さまざまな症例に応じてレーザー治療機を使用することが出来ます。

虫歯菌に感染してしまった箇所をレーザーで取り除くことが出来ます。
また、虫歯になりやすい箇所にレーザーを照射することによって、歯の耐酸性が向上し、虫歯予防効果も期待できます。殺菌とともに、充填物の接着効果が高まります。
歯周病治療にはレーザーの使用は非常に高い効果があると言われております。
レーザー治療では、切開の必要なく歯周病菌を除去させ、弱っている歯茎の血行を良くし、健康的な引き締まった歯茎に再生することが出来ます。そのため、ブラッシングだけの歯周病治療に比べると、効果の現れが早く、治療期間を短くすることが可能です。また、レーザー光には、組織を活性化し、細胞の再生を促す「創傷治癒促進作用」という働きがあります。そのため、より美しく自然な歯茎へ戻すことが出来ます。
なお当院の歯周病治療では、レーザー治療を積極的に取り入れ、ブラッシング指導や歯石除去等の歯周病治療と併行し、より効果的な治療に努めております。
喫煙などの影響によりメラニン色素が増殖すると歯茎が黒ずんでしまうことがあります。このような場合は、一定時間数回のレーザーを照射することで、色素が薄まり健康的なピンク色の歯茎へと導きます。また、歯肉表層にのみ作用してメラニン色素を蒸散・除去するため、治療直後の傷もほとんど目立たず、リラックスして治療を受けていただけます。

ぺリオウェーブ~無痛のレーザー機器を用いた最新のバイオテクノロジー治療

ぺリオウェーブとはバイオジェルと赤色光の化学反応によって細菌を死滅させる光殺菌(PDT)技術を用いた最新の歯周病菌殺菌システムです。主に中等度歯周病予防に適しており、インプラント周囲炎にも効果的です。