<24時間ネット予約>用賀の歯医者さんは長岡歯科へ|インプラント(CT完備)、咬み合わせ、歯周病、レーザー治療等

詰め物・被せ物治療STUFFING / COVERING

長岡歯科の
詰め物・被せ物治療

虫歯の治療等では削った歯に被せ物や詰め物をして元の状態に近付けていきます。詰め物や被せ物には様々な種類があり、保険内のものから自費診療のものまで、多種多様です。
この中から、患者様の体質や周囲の歯との兼ね合い等も考え選択する必要があります。ここでは、被せ物・詰め物の種類についてご紹介していきますので、それぞれの違いについて理解いただければと思います。

様々な素材

保険治療では治療時に使用する材料に制限があり、天然歯に近い審美性を得る事が困難な場合があります。品質の高い材料を用いることにより、その欠点を補い、高い満足を得る事ができます。

入れ歯の種類 TYPES OF DENTURES

  • オールセラミックALL CERAMIC

    被せ物全体がセラミックでできているものです。色調がきれいで、天然の歯が持つ自然な透明感を再現できます。お口の中でも特に目立つ前歯に最適です。金属をまったく使用しないため、金属アレルギーの患者さんにもお勧めです。

    また、歯にかなり近い硬さと滑らかさ、熱伝導率を持っており、馴染みやすいので違和感が少ないのが特徴です。歯科技工士がしっかりと色調を確認し、形も個性に合ったものに製作します。また、素材自体汚れがつきにくく、衛生的です。

    オールセラミック(築盛)

    お皿などの陶器に使われる陶材(セラミック)を医療用に応用したものです。透明感と色調の豊かさが特長で、100年前のお皿が綺麗に現存していることからも分かるように、非常に耐久性が高い素材です。

    見た目の美しさが特にすばらしく、金属を使用しないため、金属アレルギーを発症するリスクもありません。生体親和性(身体との相性)がとても高く、細菌を寄せ付けにくいとされています。

    オールセラミック(プレス)

    高い強度と均一性を持った審美性の高い素材です。また、光透過性が高く天然歯のような歯を再現できます。色調変化の再現性は築盛のものには僅かに劣りますが、見た目の透明感や色の移り変わりよりも強度を追求したい方におすすめです。

    インレー(詰め物) ¥50,000 (税別) クラウン(被せ物) 築盛 ¥120,000~ (税別)
    プレス ¥110,000~ (税別)
    インレー(詰め物)
    ¥50,000 (税別)
    クラウン(被せ物)
    築盛 ¥120,000~ (税別)
    プレス ¥110,000~ (税別)
  • ジルコニアZIRCONIA

    人工ダイヤモンドとして知られるキュービックジルコニアとほぼ同じ成分でできており、強度と美しさを兼ね備えています。金属よりも硬く、かつしなやかさがあるため、曲げる力にも強く、極めて破損しにくい素材です。人体に対する安全性(生体親和性)も高いという特長があります。

    クラウン
    (被せ物)
    ¥130,000 (税別)
  • ハイブリッドセラミックHYBRID CERAMIC

    セラミックは高くて無理だけど白い歯を入れたい、という方におすすめなのがハイブリッドセラミックです。セラミックにレジン(歯科用プラスティック)を混ぜているため、強度はセラミックにやや劣りますが、その分しなやかさがあり、割れにくいと言われています。色調も豊富で、歯との馴染みも良いですが、経年劣化してしまう可能性があります。

    クラウン
    (被せ物)
    ¥100,000 (税別)
  • メタルボンドMETAL BOND

    メタルボンドは「陶材焼き付け前装冠」とも呼ばれ、強度の高い金属にセラミックを貼り付けたものです。強度に優れ、見た目の美しさも維持できるため、ブリッジに使用することもできます。

    保険ではレジンを使うため、変色やすり減り、割れたり欠けたり、ということが起きることがありますが、セラミックは金属に焼き付けるため、そのようなトラブルが起こりにくいという利点があります。見た目の美しさにおいては、透明感だけでなく、セラミックは様々な色を再現することができるため、周囲の歯と調和させることもできます。

    近年オールセラミックが主流となりつつありますが、ブリッジなどはまだ強度的な問題が多少ありますので、耐久性にすぐれたメタルボンドをおすすめします。金属を使うため歯肉、歯顎部の付近に暗い影(ブラックマージン)を作ってしまいやすいですが、マージン部(歯と歯ぐきの境目)をポーセレンで覆え(カラーレス)ば、暗い影を作ることもなく、歯肉との調和も非常に良くなります。

    クラウン
    (被せ物)
    ¥100,000 (税別)
  • ゴールドGOLD

    特有の金属色はありますが、保険で使われる金銀パラジウム合金よりもはるかに精密に詰め物や被せ物を作ることができる素材です。金銀パラジウム合金と比べると、腐食が少なく、金属アレルギーが起こりにくいという特徴もあります。また、金合金は伸びが良く、歯によく馴染むため、歯と詰め物の間に隙間ができにくく、咬み合わせにも悪影響を与えにくいと言われています。

    インレー
    (詰め物)
    ¥40,000 (税別)
    クラウン
    (被せ物)
    ¥80,000 (税別)
  • PGA(白金加金)PLATINUM

    ゴールドの特性を持ちつつ、さらにプラチナなどを加えることによって、より口腔内に適した最も理想的な歯科用金属です。また、銀色と金色の中間色なので、金色に抵抗を感じられる方にもおすすめです。

    インレー
    (詰め物)
    ¥45,000 (税別)
    クラウン
    (被せ物)
    ¥90,000 (税別)
  • 金銀パラジウム合金
    (保険内)PALLADIUM ALLOY

    主に保険の補綴物のことです。金属特有の展性・延性によって歯に馴染みやすいのが特徴ですが、数年経つと黒ずみや、劣化を伴います。また、金属アレルギーの方などにはお勧めできません。

被せ物による矯正

オールセラミック・メタルボンド・ハイブリッドセラミックは、さし歯にすることにより多少の歯並びは改善できますので、矯正をご検討の方はぜひ一度ご相談下さい。

コア(土台) CORE

根の治療をした歯は、神経が入っていた空洞を埋める処置をしなければ被せ物をすることができません。
この空洞を埋めるのが、コア(土台)です。歯の残っている部分の形を整え、型を採って土台を作ります。

  • ゴールドコアGOLD CORE

    土台(コア)の金属を金にすることにより、体への親和性を良くし、金属イオンの流出を最小限に抑えた土台です。金は特有の性質上、金属アレルギーを起こしにくく、体に優しい金属です。また、後述のファイバーコアに引けを取らない弾力を持ちますので、長い間安心してお使いいただけるものです。

    前歯・小臼歯 ¥30,000 (税別)
    大臼歯 ¥40,000 (税別)
  • ファイバーコアFIBER CORE

    金属イオンの流出によって歯肉が黒ずんで見えるというデメリットを解決したのがファイバーコアです。ファイバーコアは特有の弾性を持ち、歯根部への負担を極限まで抑えた素材です。また、金属を全く使用しないので、金属イオンの流出もなく、金属アレルギーの方にも安心してお使いいただけます。生体的にも審美的にも最も良い素材だと考えられています。

    製作費用 ¥15,000 (税別)
  • メタルコアMETAL CORE

    保険で使用するコア(土台)です。強度が高いのが特徴です。金属イオンが溶け出し、歯茎が黒くなってしまうメタルタトゥーと呼ばれる現象が起こることがあります。生体的にも審美的にも最も良い素材だと考えられています。

金属アレルギー

金属は
身体に良くないってホント?METAL ALLERGY

近年、歯科用金属によるアレルギー症状が問題になっています。
保険診療が確立した時代、アレルギーというものはほとんど認識されておらず、また、現代のように「白い詰め物」の素材の開発が未発達だったということもあり、歯の修復には強度のある金属が選択されました。

しかし、水銀による公害や度重なるアレルギーの報告を受け、お口の中の金属が原因と考えられる金属アレルギーの実態が明らかになってきたのです。現在では金属アレルギーの診断書があれば、奥歯に白い歯を入れることも保険のルール上可能ではありますが、金属アレルギーの検査は非常に面倒(検査中、3日程度お風呂に入れないなど)で、しかも検査結果が正しく出ない可能性もあります。

また、アレルギーはアレルゲン(アレルギーの原因となる物質)蓄積によって発症するものもあり、昨日までは何もなかったのに、今日、突然金属アレルギーになったということも考えられるのです。
アレルギーを予防するためにも、金属を使わないメタルフリーの治療をお薦めいたします。

医療法人龍川会 用賀 長岡歯科インプラントサイト Doctors File