<24時間ネット予約>用賀の歯医者さんは長岡歯科へ|インプラント(CT完備)、咬み合わせ、歯周病、レーザー治療等

インプラントIMPLANT

インプラント治療とは

インプラントは、抜けてなくなってしまった自分の歯の代わりに、顎の骨に埋め込む人工の歯根のことで、ブリッジや入れ歯にかわる新しい治療として注目されています。顎の骨に埋め込んだインプラント本体に、セラミックなどの人工の素材で作られた歯冠を取り付けることで、咬む機能を取り戻すことができます。食事や会話を楽しめる、歯のある幸せを実感することが出来ます。

インプラントのメリットMERIT

顎に埋め込むインプラント体(ネジの部分)はチタンでできています。チタンは骨と直接結合する性質があるため、インプラント治療は、従来の治療法より自然の歯に近い咬み心地と美しい歯を手に入れられる画期的な治療法と言えます。
天然の歯と同じように、顎の骨に強固に固定されているため、人工的に埋め込んだインプラントでも、しっかりと咬むことが出来るのです。

まるで第2の永久歯!?天然歯のような噛み心地。NATURAL TOOTH BITE

  1. MERIT噛む力の回復

    インプラント体が顎の骨にしっかりと固定されているため、天然の歯とほとんど変わらないしっかりとした咬み心地に回復できます。そのため歯を失い、咀嚼力の低下で歯から顎への刺激が減り、顎が痩せてしまう等の問題も起こりにくくなります。

  2. MERIT優れた審美性

    インプラント体の部分はしっかりと歯茎の中に埋め込むため、外から見えることはありません。口の中に見えるのは上部構造と呼ばれる被せ物の部分だけです。咬み合わせと見た目を考慮して最適な形の被せ物を装着することができるため、見た目もかなり天然歯に近付けることができます。

  3. MERIT会話がしやすい

    インプラントには入れ歯のような「ぐらつき」や「がたつき」「すぐ外れる」といった心配はありません。ご自身の歯のように楽しく食事ができ、ゆとりをもっておしゃべりを楽しむことができます。

  4. MERIT隣の歯に負担をかけない

    歯を失ってしまった場合、従来の方法ではブリッジによる修復が行われていますが、この場合は隣の歯を削る必要があり、どうしても負担がかかってしまいます。入れ歯は、ブリッジよりは負担が少ないですが、どこかしらに支えを必要とします。インプラントは単体で治療できるため、そのようなデメリットが解消されます。

歯科用CTについて

CT撮影とは、もともと医療用に開発されたレントゲン技術です。CTはコンピュータ断層撮影(Computed Tomography)の略で、各断面の撮影を行い、それをコンピュータを用いて再構成(繋ぎ合わせる)することで、平面のレントゲン写真を立体におこすことを可能にしたものです。歯科用CTはCTの技術はそのままに、撮影部位を顎に限定することで機械自体をコンパクトにし、精密さを実現しました。

断面を見ることで、歯や神経の三次元的な位置や形を正確に知ることができます。また、骨密度も数値化され、硬さが分かります。歯茎の上からでは分かりにくい、顎の骨の正確な形を知ることができ、様々な方向から顎の骨を見ることができるため、インプラント治療ではほとんど必須の検査になってきています。

まだまだ高価な機械のため、設置している医院が少ない歯科用CTですが、当院ではインプラント治療をはじめ、根の治療や親知らずの抜歯などにも活用でき、より精密な治療が可能になるため、早い段階で導入しています。CTを利用することにより、根の先にまだ痛みが出ていない歯に膿が溜まっているのを発見することができたり、顎の骨の中や歯の中の神経の走行などを確認することもできます。

このように、非常に情報量が多いCTですが、以前は被爆量が多いことが問題になっていました。しかし、近年では技術革新が進み、非常に少ない被爆量で済むようになりました。

当院では、ストローマンのインプラントを使用しています

インプラント業者は数多くありますが、ストローマン社はインプラント治療黎明期から続く老舗メーカーの一つです。60年に及ぶデータが蓄積されており、今なお積極的に研究を続け、より良い製品の開発に注力しています。インプラントは時計などの精密機械で有名なスイスで製造され、高い品質を保っています。

医療法人龍川会 長岡歯科インプラントサイト