ドライマウス|長岡歯科ブログ

長岡歯科ブログ Blog

ドライマウス

 

 

 

 

こんにちは!スタッフAです(#^^#)

9月も後半に入って気温も徐々に下がり、日が沈むのも早くなりましたね。

暑さが苦手な私は嬉しい限りです。

 

 

 

さて、今日は『ドライマウス(口腔乾燥症)』についてお話していきたいと思います!

ドライマウスとはその名の通り、唾液の分泌が減って口の中が乾燥する現代病です。

名前だけ聞くとただ単に乾燥するだけ、と思われがちですが

その他にもいろいろな症状があります。

 

 

 

初期症状としては、

・口の中がネバつく

・口臭が気になる

・食べ物が飲み込みずらい

などがあげられますが、より重症なものになると

・舌にひび割れが出来、痛みで食事が出来ない

・さらに強い口臭

・喋りずらい、発音しにくい

など日々の生活に支障が出る程の症状になります。

 

 

 

口の中のネバつきや、口臭などは気になる方も多いと思います。

ではドライマウスになる原因は一体どんなものがあるのでしょうか。

 

 

 

まず挙げられるのが、風邪薬や花粉症の薬などによる副作用です。

こういった薬の中には、唾液が出にくくなり乾燥の原因になるものがあります。

 

また加齢により唾液を分泌する機能の低下や、

物を噛む時に使われる筋力の低下もドライマウスの原因の1つです。

 

他にも緊張して口が乾く経験をしたことがある方も少なくないのではないでしょうか。

精神的なストレスも原因として考えられます。

 

 

 

 

これからの時期は特に、空気が乾燥してくる季節なので

口が乾くな、と感じる時はこまめに水分補給をしましょう!

マスクなどをして保湿するのも効果的です。

それでも改善が見られない場合は、遠慮なく歯医者さんに相談してくださいね。

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました(#^^#)

 

 

 

医療法人龍川会 用賀 長岡歯科インプラントサイト Doctors File E PARK 歯科 東京ドクターズ interview