<24時間ネット予約>用賀の歯医者さんは長岡歯科へ|インプラント(CT完備)、咬み合わせ、歯周病、レーザー治療等

長岡歯科ブログ Blog

歯磨きのやり方

こんにちは! スタッフのIです。 少しずつ暖かくなり、春を感じる陽気になりましたね。 今回は、歯ブラシの磨き方について、書いていこうと思います! 皆さん、どのように歯磨きをしていますか? 何気なく、ただ歯ブラシで磨くだけになってませんか? それでは、あまり効果があるとは言えません。 でば、どのように磨いたらいいのか、、、。 プラークや食物残渣は、歯ブラシで除去することができるんです! プラークや食物残渣の除去に有効なブラッシングの方法を紹介します! 1つ目は、歯に対して垂直に歯ブラシを置いて、小刻みに横に動かします。 その時、なるべく1歯ずつ磨くことが大切です。 この方法はスクラビング法といい、比較的やり方が簡単で、歯肉溝の清掃が良いです。 2つ目は、歯の毛先が歯肉溝に45度に入るように置いて、微振動で磨きます。 この方法はバス法といい、歯肉溝のプラークを除去ができます。 次に、歯肉のマッサージ効果があるブラッシング方法を紹介します! 歯ブラシの毛先を使わず、毛の腹を使って歯肉を圧迫振動させて行うブラッシング法です。 この方法をスティルマン法と言います。 やり方が少し難しいですが、歯周病の予防には最適の磨き方です。 今回紹介したのは、皆さんでもやりやすいブラッシング方法です! これを期に、歯ブラシの磨き方を変えてみてはどうですか? 他にも紹介しきれなかったブラッシング方法がたくさんあります! 分からないことがあれば、歯科医院でお聞きください! 最後までお読みいただきありがとうございます。