<24時間ネット予約>用賀の歯医者さんは長岡歯科へ|インプラント(CT完備)、咬み合わせ、歯周病、レーザー治療等

長岡歯科ブログ Blog

☆ほっぺの役割☆

こんにちは。

 

もうそろ11月。年末が近づいて来ましたね😲毎年寒くなってきたなと思ったら真冬になってて秋はあっという間にですよねΣ(‘◉⌓◉’)

 

 

長岡歯科は

11月7日木曜日→臨時休診

11月15日金曜日→臨時休診

11月13日水曜日→診療

となります。

ご迷惑をお掛けしますが不規則となりますので、ご注意下さい。

 

 

 

さて今日はほっぺについて書きたいと思います!!!

 

 

ほっぺって何のために出来たのでしょう?

 

 

表情を作るため?

 

 

……実は食べたり飲んだりするために進化した筋肉なんです。

 

 

ほっぺや口の周りの筋肉は、表情筋と呼ばれています。表情を作るためって思ってしまいますよね(;ↀ⌓ↀ)

 

 

例えば哺乳類の牛。ほっぺをモグモグ動かして食事をしていますよね。人間も同じです。

 

 

それに対して爬虫類のワニ。モグモグしている事はなく、横からみると奥歯まで見えてほっぺはありません。

 

 

爬虫類は卵から生まれてミルクを飲まずに育つのでほっぺはないですが、哺乳類は進化する時に、おっぱいをこぼさないで吸えるように筋肉が口の周りに集まるように進化したのがほっぺだと言われています(σ≧∀≦)σ

 

 

 

たまに口を閉じずにクチャクチャ食べる人がいますが、これはせっかく人が進化の過程で手に入れた筋肉を正しく使っていないことになります。ほっぺの筋肉を使って口を閉じて食べると歯並びや姿勢が悪くなる事を防ぐ効果もあるので、しっかり使う意識をするといいと思います♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

 

 

 

当たり前に使うほっぺ。

 

 

もともとは食事をするために進化したものとお話ししましたが、ほっぺがあるから色々な表情を作れるようになったのも事実です♪

 

 

正しく楽しく笑って食事が出来るといいですね╰(✿´⌣`✿)╯♡

医療法人龍川会 用賀 長岡歯科インプラントサイト Doctors File