<24時間ネット予約>用賀の歯医者さんは長岡歯科へ|インプラント(CT完備)、咬み合わせ、歯周病、レーザー治療等

長岡歯科ブログ Blog

歯を失うと…

こんばんは(^_^)

梅雨真っ只中ですね🐸☔️

ジメジメした空気はありますが、思っていたより昼間に晴れている日が多い気がするのは私だけですか?🤔

 

天気や気温の変化が激しいですが、体調崩さないよう気をつけましょう💪

 

 

さて、今回は歯を失ってしまったときのリスクについてお話します😷

 

よく、「もう歳だから仕方ない😅」と言われることがありますが、歯を失う原因の多くは加齢ではなく、むし歯や歯周病の進行、ケガなどがあげられます。

 

歯を失ってしまう原因のなかで、予防できるものがむし歯と歯周病です!

 

この予防のためにもお家での毎日の歯磨きや、歯科医院での定期的なクリーニングなど、口腔ケアがとても大切になります😬✨

 

そして、本題の歯を失ってしまったときのリスクについてです!

 

 

①歯並びが乱れる

失ってしまった歯の隣の歯が倒れ込んできたり、咬み合っていた歯が飛び出してきたりして、歯並びが乱れてしまうことがあります。

 

②虫歯や歯周病にかかりやすくなる

歯並びが乱れるとお口の自浄作用がはたらきにくくなり、磨き残しがあると、むし歯や歯周病のリスクが高まります。

 

③バランスが崩れる

咬み合わせがズレて、噛む力のバランスが崩れると顎関節だけではなく、身体がゆがんでしまうこともあります。

 

 

このように様々なリスクがあるため、歯を失ってしまったら、できるだけ早く治療を受けることが大切です。

 

歯を失ってしまった場合、その後歯を入れる治療としてあげられるのは

 

①チタンのネジを埋め込むインプラント

②着脱式の入れ歯

③周りの歯と繋げて作るブリッジ

 

この3種類で、どれもメリットとデメリットがあります。

 

歯を入れる治療をする場合は、それぞれの治療法の特徴を理解して、自分に合った治療を行うことが大切です。

 

長岡歯科ではセカンドオピニオンなどもお受けしておりますので、気になることがあればいつでもお気軽にご相談下さい😌💭

医療法人龍川会 用賀 長岡歯科インプラントサイト Doctors File E PARK 歯科 東京ドクターズ interview