歯磨き粉の成分|長岡歯科ブログ

長岡歯科ブログ Blog

歯磨き粉の成分

こんばんは☆★

 

もうすっかり冬ですね(>_<)

みなさんはもう長岡歯科に飾ってあるイルミネーションをご覧になられましたか?(´∀`*)

 

リニューアルしてから初めて迎えるクリスマスはとてもオシャレにライトアップされています!

是非、ご来院の際や近くを通りかかる際にご覧下さい♪

 

 

今回は、歯磨き粉の成分について書いていこうと思います!

 

ほとんどの人が歯磨きをするときに使用するとされている歯磨き粉!

この歯磨き粉に含まれている薬用成分を上手く利用すると歯科疾患の予防を効果的に行うことができます。

 

歯磨き粉のチューブの裏や、パッケージにカタカナが沢山書いてあるのを見たことがあると思いますが、今日はそこの『薬用成分・・・』というところに注目していきます!!

 

現在、日本で販売されている歯磨き粉の約80%はフッ化物(フッ素)が配合されています。

 

このフッ化物はむし歯の予防に効果的で、『モノフルオロリン酸ナトリウム』や『フッ化ナトリウム』という成分が配合されていることが多いです(^ω^)

 

他の成分とはたらきを簡単に説明すると、 、、

 

『歯肉炎の予防』

塩化セチルピリジニウ厶、塩化ベンザルコニウム、トリクロサン

 

『歯周病(歯肉炎、歯周炎)の予防』

塩化クロルヘキシジン、トラネキサム酸、グリチルリチン酸ジカリウム、塩化ナトリウム、、、

 

『プラークの分解』

デキストラナーゼ

 

『歯石沈着防止』

ポリリン酸ナトリウム

 

『知覚過敏抑制』

乳酸アルミニウム、硫酸カリウム

 

 

などなど、、、

沢山ありますが、まずは自分が気になる症状から選んでみるとわかりやすいです!

 

 

例えば、最近お水が冷たくなってきてしみることが増えたと感じる方は『知覚過敏抑制』のはたらきをもつ“乳酸アルミニウム ”や“ 硫酸カリウム”が配合されたものを使用してみてください!!

 

どうしても個人差はありますが、続けて使って頂くことでだんだんしみにくくなってきます!

 

この硫酸カリウムはよく知られている、シュミテクトにももちろん配合されています♪

 

目にすることがあれば是非チェックしてみてくださいヾ(@^▽^@)ノ

 

 

長岡歯科では、少しですが試供品もご用意しておりますので、気になることがあれば定期検診の際にでもご相談ください(^▽^)o

 

薬用成分を上手く活用してしっかり予防していきましょう!!

医療法人龍川会 用賀 長岡歯科インプラントサイト Doctors File E PARK 歯科 東京ドクターズ interview