虫歯を放置してしまうと|長岡歯科ブログ

長岡歯科ブログ Blog

虫歯を放置してしまうと

 

こんにちは。

 

いよいよ8月になりますね\(( °ω° ))/

 

海やバーベキュー、フェスや旅行だったり、

夏らしいことする方も多いのではないでしょうか!

 

最近は桃に加えて、梨もスーパーに並び始め、、

ついつい毎日ご褒美をしてしまいます🥹🍑

 

 

 

今月のブログですが、

虫歯を放っておくとどうなってしまうのか、

歯磨きで虫歯が良くなるのか、

説明していきたいと思います!

 

まず大前提として、

できてしまった虫歯は自然に治ることはありません。

 


人間には自然治癒能力が備わっており、

ケガをしても時間の経過と共に気づいたら治っていますよね🩹✨

 


口の中を切ってしまったり、

火傷してしまってできた傷は

自然に治っていきますよね!

 

しかし虫歯は別で、

発症したての初期の虫歯(実質欠損のない初期虫歯)ならケア次第で現状維持することは可能ですが、


少しでも進行した虫歯は自然には治らず、

治療しない限り虫歯は治らないのです!

 


つまり、一度虫歯が出来てしまったら

虫歯の原因菌は生き続けるということです😟

 

 

虫歯は進行していくと、

エナメル質から象牙質まで進行していき

歯が痛くなります。


これは、虫歯によって

象牙質が露出したのが原因であり、
露出した象牙質が刺激を受けることで痛みを感じます。

 

歯に痛みを感じた時点でその虫歯は既に進行しており、
例え歯が痛くなった瞬間に治療を受けたとしても、

タイミングとして早期治療とは言えません。

 


また、この段階でもなお虫歯を放置した場合、

痛みはさらに増していきます。

 

そして、、、、放置を進めていると、、、、

痛みはやがて激痛へと変化します😵


これは虫歯が神経まで進行したことが原因であり、

神経の炎症によって激しい痛みが生じます。


なにもしなくてもズキズキした痛みを感じたり、

痛くて眠れない、

痛み止めを飲んでもなかなか効かない、、

という状態になっていきます..

 

この状態は象牙質に虫歯がとどまらず

歯の神経まで虫歯が到達してしまった、

というケースが多いです🤯

 

 

そして、、?

それでもさらに虫歯を放置し続けると、、、?

 

細菌に感染した神経はやがて死んでしまい、
失った神経は再生されることはなく、

歯は栄養が行き届かなくなって脆くなってしまいます。

 

細菌感染を起こし、神経が死んでしまうということは

痛みを感じなくなります!

あ、痛くなくなった!

よかった治った!

気のせいだったのか!

 

これは大きな間違いです(;_;)

 

気づいた時には

歯を抜かなければいけない状態

という事態になりかねません、、!!!

 

虫歯を放置すれば最終的に歯を失いますが、

歯を破壊した後も虫歯の原因菌は生き続けます。

 


歯を破壊した虫歯菌はやがて血液の中に入り込み、

血管を通じて全身へと回ります😳

 


この時、脳に回れば脳梗塞の要因となり、

心臓に回れば心筋梗塞の要因になるのです!

 

どちらも稀なケースと言えますが、
危険性はゼロではなく

実際に虫歯の放置によってこれらの病気が引き起こされ、
死に至ったという事例もあります。。

 

つまり、虫歯の放置は歯だけでなく

命まで危険に晒してしまうということです!

 

虫歯を放置してしまう理由としては

さまざまだと思いますが、

治療の怖さを挙げる方はたくさんいるのではないでしょうか。

 

歯を削る音だったり、

なにをされているかわからない恐怖心、

治療中に痛みを生じるかもしれないという怖さ、

麻酔の注射、、、などなど。

 

虫歯を放置することリスクを知ってもらい、

歯を残すためにも結果的に自分の健康のためにも

治療することの大切さを感じていただきたいです!!

 

治療に対する怖さや不安などありましたら

気兼ねなく話してください😌✨

 

 

医療法人龍川会 用賀 長岡歯科インプラントサイト Doctors File E PARK 歯科 東京ドクターズ interview 唾液検査装置SillHa