用賀の歯医者さんは長岡歯科へ|インプラント(CT完備)、咬み合わせ、歯周病、レーザー治療等

用賀の歯医者さんは長岡歯科へ

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

インプラントガイド
携帯サイトはこちらからどうぞ
トピックス一覧はこちらからどうぞ
患者様の声
病院まちねっと
インスタグラム

長岡歯科ブログ

明日から

2018年8月10日

こんにちは。

また暑い日が戻ってきました…気温の差が激しいと体調管理が本当に難しくなってきますよね。

皆さんもお気をつけ下さいね。

さて、明日からはお盆で休診となります。

【8月11日(土)〜15日(水)までお休みです】

16日から通常診療になります。

**********************************

改めまして…このへんで自己紹介を…

6月から入社いたしました、小池です(^^)

笑顔とコミュニケーションを大切に頑張ります!宜しくお願い致します♪

最近受付にいる背の高いスタッフ、私です!

なんかやたらと話かけてくるスタッフ、はい、私です!

入ってまだ2ヶ月程ですが…すっかりスタッフとも仲良くなって毎日楽しく私もお仕事させて頂いております★

何よりフレンドリーで気さくにお話して下さる患者様が多くて嬉しいです。

治療に関する事以外でも、些細な不安な事や疑問など、是非お気軽にご相談下さい。

働く側の私自身、長岡歯科に出会えてよかったと思えたように、1人でも多くの患者様に出会って「私の歯医者、見つけた!」と思って頂けるのが目標です。

5月のリニューアルに伴い、待合のPCでスタッフの紹介やホワイトニング、クリニックで取り扱っている機器などのご紹介をしていく予定です。

出来上がりまで、今しばらくお待ち下さい★

その際にはこちらでお知らせさせて頂きますね。

リニューアルで更にパワーアップしていく長岡歯科を宜しくお願い致します♪♪

 

ではまた…

 

こいけ

 

導入した機械をご紹介!

2018年7月29日

こんにちは。

 

7月ももう下旬。子供たちは夏休みに入りましたね!

楽しい事ばかりかと思ったら最近は夏休みも塾に通っている子も多い様子。忙しいですね( ゚Д゚)みんな頑張れー!

 

長岡歯科は下記の期間、夏休みを頂きます。

8月11日(土)~15日(水)

8月8日(水)は診療いたします。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願い致します。

 

上記以外は通常通り診療していますので、何か少しでも気になることがあればご相談ください☆

*************************************

【~長岡歯科 医院紹介~】

 

今日は長岡歯科に取り入れた新しい機械たちを紹介したいと思います。

 

その一つが「ダックユニバーサル」です。

こちらの機械はハンドピース(歯を削る機械)専用の滅菌器で、短時間で洗浄、注油、滅菌する機械です。治療後のハンドピースには唾液や血液、削りカスなどが付着しており、また複雑な作りをしている為、手作業だけではなかなか殺菌は難しくなっています。しかしこのダックユニバーサルは世界で最も厳しいヨーロッパ基準をクリアしており、複雑な機械の内部まで確実に滅菌が可能になっています。

 

IMG_0222

 

二つ目が「ミーレ ジェットウォッシャー」です。

こちらも国際規格に準拠した高性能洗浄機械で使った器具を確実に洗浄、除菌します。

この機械により歯科で使用する器具を90度の熱水で5分消毒することでウィルスや病原体も不活性化することが可能になります。

 

miele-close  miele-open

 

 

三つ目が「ダック プロフェッショナル」です。

こちらは二つ目の「ミーレ ジェットウォッシャー」で、除菌した後の器具を滅菌するための機械です。こちらも厳しいヨーロッパ基準をクリアしています。

滅菌器の中を真空状態にしながら器具の外側だけでなく今まで難しいとされていた内側まで蒸気をいきわたらせ、確実な滅菌が可能になりました。

 

sironadacprootooklav

 

このように当院では世界基準の機械を導入し、併用することにより院内感染を防ぎ、安全な治療を進めてまいります。

 

安心してご来院くださいませ(^◇^)

 

ホワイトニング

2018年7月18日

こんにちは\(^O^)/

 

暑い日が続いていますね(><)

私は冬よりは夏のほうが好きなので嬉しいですが、猛暑はなかなか辛いですね (泣)

 

みなさんも体調にはお気をつけください!!

 

 

先日、私はホワイトニングコーディネーターの講習会、認定試験に行ってきました!!

 

最近、ホワイトニングに興味を持ってくださる患者さんも多くいらっしゃいますので、今回はホワイトニングについて書いていきます♪

 

 

長岡歯科では「ホームホワイトニング」というホワイトニング方法を行っています。

 

ホームホワイトニングとは、

まず歯科医院で自分の口腔内に合ったマウスピースを作成し、歯科医師の指導のもと毎日数時間患者さん自身が自宅でマウスピースにホワイトニング材を入れ、歯列に装着して歯を白くする方法です。

 

 

だいたいの期間は、

まずマウスピースを作成するために型取りを行い、出来上がるまでに1週間程お時間を頂きます。

 

その後、お家でホワイトニングを実施して頂きます。装着時間は1日1回、日中2時間とし、その期間は2週間以内を基準とします。

 

全体で、約3週間はかかるような感じですね!

 

 

明るくなるスピードには個人差があります。

 

1週間程度で満足感のある明るさになれば、

そこで終了しても大丈夫です(´∀`)

 

さらに、一時的な知覚過敏の症状が現れる可能性もあり

その場合は1回の装着時間を短くし

実施期間を伸ばすようになるので、もう少し期間が伸びてしまいます!!

 

ホワイトニングは2、3日ですぐに効果が出るものではありませんので

成人式や結婚式などのご予定に合わせてホワイトニングを

ご希望される場合はお早めにご相談ください!

 

タイミングなど、一緒に計画して実施しましょう!

 

 

ホワイトニングをする、しないに関係なく、興味があればご来院いただいた際にお気軽にご相談ください♪

お待ちしております(*^_^*)

 

お口の寿命延ばしましょう!虫歯予防デー

2018年6月27日

こんにちは。

梅雨明けしたような晴れが続いていますね。生乾き臭のしない洗濯物、最高です(*‘∀‘)

 

リニューアル前の長岡歯科の診療室は、窓側に機械がありロールカーテンも閉めていたため、あまり光が差す環境ではありませんでしたが、リニューアル後は診療室全体がとても明るくなりました(≧▽≦) 特に窓側のお席は一番明るく爽やかなお席となっています。光が差し過ぎて夏はすこ~し冷房が効きにくくなってしまうかもしれませんが、冬はポカポカな席になってくれそうです。

 

 

 

さて、今月6月4日は(むし)虫歯予防デーとなっておりました。6月4日~10日は厚生労働省、文部科学省、日本歯科医師会が1958年(昭和33年)から実施している「歯とお口の健康週間」です。

 

お口の健康には、まず歯磨きの習慣づけが第一歩です!食後は歯ブラシを習慣づけ、ブラシは柔らかい力で出来るだけ細かく動かして磨くようにしましょう。磨き方の癖もあるので、一本一本磨くつもりで意識すると良いかもしれません。

 

また虫歯予防のためには歯磨きも大切ですが、唾液が虫歯予防になることをご存知ですか???

 

食事をすると食べ物によって口の中は酸性になります。口の中が酸性だと歯が溶け出し虫歯になってしまいますが、唾液の働きによって口の中を酸性から中性に戻し虫歯になるのを食い止めてくれます。

 

口は食べ物を砕いて唾液と混ぜ胃に送り込む1番目の消化器官です。

唾液の働きを止めないためにも下記の食べ方にも注意してみましょう!

 

  1. 適度に硬く食物繊維の多い根菜類や昆布などを取り入れ、よく噛んで食べましょう!
  2. お菓子はダラダラ食べず時間を決めて食べましょう。ダラダラ食べると常に口の中が酸性の状態になってしまいます( ゚Д゚)
  3. 清涼飲料水など糖分の多い飲み物は常用しないようにしましょう。
  4. 規則正しい食生活をしましょう!

 

今一度、自分自身のお口の寿命を延ばす為にも自分の歯磨き習慣、食習慣を見直してみてくださいね♪そして虫歯はないか、汚れはたまっていないか、ぜひ長岡歯科に健診にいらしてください(^◇^)お待ちしております。

 

子供の歯と大人の歯

2018年5月28日

こんにちは!
スタッフのIです。
気温の高い日が続いていますが、皆さん、体調管理はできていますか?
私自身、暑いのは苦手です(笑)

 

今回は、乳歯と永久歯の違いについて書きたいと思います。

皆さんも知っての通り、子供の歯を「乳歯」大人の歯を「永久歯」と言いますね。
そんなに気にしたことがないと思いますが、何が違うか分かりますか?

 

例えば、大きさや形、歯の本数など、、、。少しでも皆さんに分かっていただけるように書いていきたいと思います。

まず、大きさ自体は永久歯に比べると小さいです。
形は永久歯と似ています。
数は、乳歯が20本で、永久歯が28本(親知らずを入れると32本)です。
気になる所といえば。生え変わる時期ですよね?
お子さんをお持ちの方は「いつぐらいから変わるのだろう?」と思ったことはありませんか?
乳歯から永久歯へ変わる時期はある程度決まってます。
6歳頃から変わっていき、12歳〜14歳頃には大人と同じ本数になります。

順番としては、、、
・6歳〜7歳頃に下の前歯が生え変わります。
それと同時に6歳臼歯と言われる新しい歯が上下の奥歯に生えてきます。
・7歳〜8歳頃に上の前歯が生え変わります。
・8歳〜9歳頃に「糸切り歯」と言われる歯が上下共に生え変わります。
・10歳〜12歳頃に糸切り歯の後ろの歯が生え変わります。
・14歳頃には大人と同じ本数になります。
・親知らずが生えてくる場合は18歳頃から生えてきます。

 

以上のように、生えてくる年齢はある程度決まっています。
しかし、生え変わる時期は個人差があるので、上記に述べた年齢で生え変わらなくても

心配する必要はありません。

 

気になることがあれば、是非、長岡歯科へご相談下さい!
いつでもお待ちしております。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

リニューアルオープン

2018年5月27日

皆様こんにちは。

 

週末は近所の小学校から運動会の音が聞こえてきてとても賑やかでした。

最近では親の負担を減らすという事で午前のみの運動会も行われているところもあるとか…。

色々な理由もあるのでしょうが、運動会は緊張する場ではありましたけど、嫌な思い出ばかりではないので

続けられるといいのになぁと思ってしまいます。

 

 

さて、この度より快適に安心に患者様を迎えられるよう

長岡歯科は5月8日にリニューアルオープンいたしました!

 

開院18年目を迎えることが出来、皆様にはとても感謝しております。

 

工事中は長くお休みを頂き、ご不便をお掛けしましたことをお詫び申し上げますm(__)m

 

外装は周りの景観を損なわないようシンプルに、内装は木のデザインを中心に温もりがあり

リラックスしていただけるよう配慮致しました。患者様からは「とても素敵になりましたね!」、

「カフェみたい」と言っていただけてとてもうれしい限りです。

 

診療室に関しては、よりプライバシーを尊重する為に各診療台のパーテーションを高くし周りが見えにくくなっています。

うがいをする際には楽に出来るよう近くまでボウルが動くようになり、治療の説明をする際はモニターを

見やすいよう席が回転するようになっています。また席が回転することで座ってから方向を変えられる為、

足の不自由な方も楽に治療を受けて頂けます。

 

特に今回衛星器具に関しては、洗浄滅菌器を厳しいヨーロッパ基準に準じたものを導入致しました。

使用する器具は洗浄に約1時間、滅菌をさらに1時間かけて使用しております。

 

長岡歯科はこれからも患者様が快適に治療を受けて頂ける体制を整えると共に、

さらに皆様から愛される医院づくりに努めてまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

 

 

何かお口の事でお困りの際はお気軽にご相談ください(^◇^)

スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

IMG_0703

 

歯磨きのやり方

2018年3月29日

こんにちは!
スタッフのIです。
少しずつ暖かくなり、春を感じる陽気になりましたね。

今回は、歯ブラシの磨き方について、書いていこうと思います!
皆さん、どのように歯磨きをしていますか?
何気なく、ただ歯ブラシで磨くだけになってませんか?
それでは、あまり効果があるとは言えません。
でば、どのように磨いたらいいのか、、、。

プラークや食物残渣は、歯ブラシで除去することができるんです!

プラークや食物残渣の除去に有効なブラッシングの方法を紹介します!

1つ目は、歯に対して垂直に歯ブラシを置いて、小刻みに横に動かします。
その時、なるべく1歯ずつ磨くことが大切です。
この方法はスクラビング法といい、比較的やり方が簡単で、歯肉溝の清掃が良いです。

2つ目は、歯の毛先が歯肉溝に45度に入るように置いて、微振動で磨きます。
この方法はバス法といい、歯肉溝のプラークを除去ができます。

次に、歯肉のマッサージ効果があるブラッシング方法を紹介します!

歯ブラシの毛先を使わず、毛の腹を使って歯肉を圧迫振動させて行うブラッシング法です。
この方法をスティルマン法と言います。
やり方が少し難しいですが、歯周病の予防には最適の磨き方です。

今回紹介したのは、皆さんでもやりやすいブラッシング方法です!
これを期に、歯ブラシの磨き方を変えてみてはどうですか?
他にも紹介しきれなかったブラッシング方法がたくさんあります!

分からないことがあれば、歯科医院でお聞きください!

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

【歯周病と心臓病】

2018年3月28日

こんにちは(⌒▽⌒)スタッフFです♪

 

先週は雪が降っていたのに、最近は暖かく、桜も満開を迎えてもうすっかり春ですね(≧▽≦)

 

東京に引っ越して来たばかりの頃にも咲いていた家の近くの桜の木に、今年も桜が咲いているのを見ると、もうここで1年も生活しているのかと色々な思いが浮かんできます(笑)

 

 

さて、さっそく今日も前回と同様に、歯周病と全身疾患についてのお話をさせていただきます(^^)

 

今回は【歯周病と心臓病(心筋梗塞、狭心症、感染性心内膜炎)の関係】についてお話していこうと思います!

 

まず、以前【歯周病と全身疾患の関わり】でも少しお話させていただいていますが、、、

 

歯周病があると、歯ぐきのなか(歯周ポケット内)に歯周病原性細菌(歯周病菌)が侵入します。

 

その歯周病菌が歯ぐきの血管を通じて、血液に流れ込んでしまいます。

 

血液は全身を流れているので、もちろん心臓へも続いています。

 

歯周病菌が入り込んでしまった血液が心臓へ流れると、心臓の内膜(血管や弁など)に歯周病菌がとりつきます。

 

このとりついた歯周病菌が心臓内部で炎症を起こしてしまいます。

 

このように心臓内に歯周病菌が付着すると、感染性心内膜炎という心臓病を引き起こしてしまう可能性があるのです。

 

心内膜炎は重篤な合併症を引き起こしてしまうので注意が必要です!

 

他にも、心臓の内膜にとりついた歯周病菌はアテローム性プラークをつくり、血管を狭め、冠動脈を硬化させてしまいます。

 

 

このように、歯周病菌の影響を受け、心臓病で命の危険を伴ってしまうのです。

 

簡単にまとめてしまいましたが、心臓病は死に直接関係してくる恐ろしい病気です。

 

歯周病があったがために、心臓病を発症してしまうということがないようにしっかり管理していきましょう!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました(^-^)

 

▷▶︎花粉症

2018年3月28日

 

 

 

 

こんにちは!スタッフAです(*^-^*)

早いもので3月ももうすぐ終わってしまいますね。

年度末ということで、

これから新生活が始まろうとしている方も多いのではないでしょうか。

当院にも、新学期に向けて春休み中の今、

定期検診や歯のクリーニングに来院される学生さんが増えています(*^-^*)

 

 

 

 

さて、今日は花粉症について

少しお話してみたいと思います。

 

 

 

 

ちなみに私自身花粉症で、

せっかく桜も満開をむかえているのに

お花見どころではありません(笑)

 

 

 

 

花粉と歯科、

全く関係のないように思われがちですが、

実は関係性があるんです(o_o)

 

 

 

みなさん『上顎洞』という言葉を聞いたことがありますか?

私も歯科に関わる前は知らなかったのですが、

上顎洞は、鼻から頬骨あたりにある骨に囲まれた空洞のことを言います。

そして、この上顎洞は鼻腔と繋がっています。

鼻から息を吸うと、空気が上顎洞に入り、

そこから肺に入っていきます。

花粉症などで鼻水が出てくるのがこの上顎洞です。

鼻炎や花粉症などで炎症が起きてしまうと、

この上顎洞が痛み出します。

上顎洞は上の奥歯の根の先、神経に近いので、

上顎洞が痛むと上の奥歯が痛いと勘違いしてしまうことがあるのです。

 

 

 

 

症状は虫歯による歯の痛みに似ていて、

何か物を噛んだ時に痛みを感じたり、

響くような感覚があるなど…

 

 

 

 

鼻炎や花粉症の方は、

この時期に上の奥歯に痛みを感じたら

気にしてみてくださいね。

 

 

 

 

歯医者さんでレントゲンを撮影すると、

歯の痛みが虫歯によるものなのか

上顎洞からきているものなのかは分かりますので、

虫歯じゃないのに間違って治療してしまう、

なんてことはありませんのでご安心ください(*^-^*)

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございまし

 

 

【歯周病と糖尿病】

2018年2月21日

こんにちは(⌒▽⌒)

 

スタッフFです!

 

 

前回、歯周病と全身疾患の関わりについてお話させて頂いたので、今回からは歯周病と関わりのある病気をひとつずつピックアップして関係性をお話していこうと思います(=^^=)

 

今日は「歯周病と糖尿病について」です!

 

 

あまり良いことではないかも知れませんが糖尿病はみなさん聞き馴染みのある病気のひとつですよね。

 

簡単に説明すると、糖尿病とは血糖値が高くなる病気です。

 

インスリンの働きが十分に行われないため、ブドウ糖が有効に使われずに血糖値が高くなっている状態のことで、放置すると全身に様々な影響がでてきます。

 

糖尿病にはたくさんの合併症があり、網膜症や神経障害などに続いて歯周病も合併症と捉えられています。

 

糖尿病である場合、血糖コントロールをして血糖値を良い値に保つ必要がありますが、そこで重度の歯周病があると

炎症によって生じた物質(CRP)や、サイトカインが血液中に流れ込み、全身に回ってしまいます。

 

CRPとは正常の血液中にはほんの少ない量しか含まれない成分で、炎症や組織細胞の破壊などが起こると生産され、血液中に流れだし増加します。

このCRPの増加が原因となり肝臓の働きが鈍くなったり、ブドウ糖の代謝障害が引き起こされます。

 

サイトカインとは細胞から出てくるタンパク質で、

重度の歯周病があると、免疫細胞からTNF-αなどのサイトカインが多く出て、筋肉細胞や脂肪細胞に作用して糖の代謝を妨げてしまいます。

 

つまり、血糖値を下げるホルモンであるインスリンが作用しにくくなってしまうのです。

 

すると、血糖コントロールが上手く行われず、改善されないため糖尿病が悪化してしまいます。

 

したがって、歯周病の治療をすることによって歯周組織の炎症が収まり、サイトカインの濃度が低下すれば血糖コントロールの改善に影響を与えると考えられています。

 

 

また、糖尿病である場合、微量ではありますが唾液中にも糖が含まれるとされていることなどから、高血糖によって、歯を支えている歯槽骨の吸収が進んでしまいます。

すると歯周病の悪化に繋がってしまうのです。

 

 

以上が歯周病と糖尿病の双方向の関係性についてのお話でした\(^^)/

 

 

少し難しい内容になってしまいましたが、最後までお読みいただきありがとうございました!